当院は日本の将来を考え参政党を応援します



               ご来院のみなさまへ  

当院でのマスクの使用は厚生労働省のホームページを基に、発熱及び症状のある方には着用をお願いしています。それ以外の方のマスクの使用は強要しておりません。ご自分の判断におまかせしています。またお子様のマスク使用は様々な視点から、おすすめしていません。

目覚めよ日本人!だまされるな日本人!

そもそも
PCR検査そのものが病気の特定に正常に機能するのかが世界規模で否定または疑問視されています。(現在、欧米の殆どが科学的及び医学の視点から、PCR検査とマスク使用を中止しています

ワクチンは本当に安全なのですか?若い人にも必要なのですか?

コロナ感染による若年層の死亡率はゼロと言っても良い) 

みなさん、もういい加減に目を覚ましませんか。もう怖がる必要はありません

政府やマスメディアの毎日の感染報道。少なくても日本は海外とは全く異なる状況です。今度のコロナウイルスの変異は毒性が弱く、死に至る人数も今までとは比較にならないくらい少ないのです。コロナ以前はインフルエンザや風邪などで
毎年約2万人が亡くなっていたのです。また肺炎での死亡者数は年間10万人にも及びます。(一日約300人))このことを念頭に考えると、エビデンスを全く示さない今の政府の戒厳的政策は日本経済を破綻させるばかりか、青年や若年層、社会的弱者の自死をも増加させる一方です。コロナによる死者数(平均年齢約79歳また殆どが基礎疾患のある方)よりも多いのです。コロナウイルスをゼロにすることは、もはや不可能です。そうであるならば様々なデータから考察すると、コロナウイルスはインフルエンザや風邪と同様に扱うこと2類感染症から第5類感染症に指定することで、全国どこの医療機関でも治療が可能になる)が最良な考えだと私は思います。一人ひとりがマスクを外し、(特に子供と高齢者の脳と肺臓への悪影響)明るく自由に暮らすことこそが、自己免疫機能を高め、健康な生活を取り戻すことができるものと確信する次第です。最後にマスメディアなどの怖がらせごっこに、もう付き合うことはありません。(現在日本のテレビやラジオ新聞、特にニュースや報道番組などでの極端に偏った報道。恐れや不安を煽るだけの番組が多く存在しています。本来テレビ(地上波)やラジオの放送は、国民に中立で公正及び正確な情報を伝えなければならなりません。(電波は国民のものです)しかしそれらを意図的に無視し、自局に有益な放送ばかりを、あちこちで垂れ流し続けているのが現状です。(テレビやラジオ新聞は、まさに国民思考操作ツールです)地上波だけの情報を鵜呑みにせず、様々なネット機関の情報と合わせて自分の心と思考で判断することこそが結果的に自分や家族また自分と関わる方々を救うことにも繋がるのです。自分の身は他に頼らず、周りに同調することなく自分で判断し、守るしかないのです。



Whats New
10月 1日更新 テレビCM開始  自分の病を治すためには、今まで通りのやり方では今まで通りの結果になり解決しません。自分の病気の様々な情報収集と柔軟な思考を持つことであり、最も重要なことは勇気ある行動にあるのです。
 9月 1日更新  テレビCM 自律神経の乱れは、疲れ目や眼の乾(ドライアイ)また唾が出にくい(ドライマウス)などの症状も起きることが多いのです。  
 8月 1日更新 テレビCM 自律神経の乱れは逆流性食道炎や胃痛、過敏性腸症候群、動悸や血圧変動なども引き起こすと言われています。
 7月 1日更新  テレビCM  近年多く発症する逆流性食道炎や過敏性腸症候群。これらも自律神経の乱れが大きく関与していると考えられています。  
 6月 1日更新 テレビCM  最近の有名人の訃報。近年の研究機関によると、自律神経の乱れが重篤化すると最悪、自死をも引き起こしてしまう結果になると伝えています。 
 5月 1日更新  テレビCM 子供が朝に突然、吐き気や腹痛、ふらつきなどで学校にいけない。いわゆる起立性調節障害、これも自律神経の乱れから起きることが多いと言われています。  
 4月 1日更新  テレビCM  首の筋肉が弱ると耳の奥にある三半規管にリンパ液が溜まることで、めまいや耳鳴り、また難聴も起きるといわれています。 
 3月 1日更新  テレビCM  首の筋力が衰えると自律神経の乱れの他に、意外にも顎関節症を患うことも多いのです。それは首と顎の筋肉が連動しているために起きやすくなると言われています。 
 2月 1日更新  テレビCM   毎日の体調不良の原因は、自律神経の乱れによるものかもしれません。 
2022年 1月 1日更新  テレビCM  自律神経の乱れは、頭を保持する首の筋力が男性に比べて弱い、女性に多く起こりやすいのです。 
2021年 12月 1日更新  テレビCM 自律神経の乱れは、血液検査、心電図、レントゲン、CTやMRI、超音波などの検査では原因がわからないのです。 
2021年 11月 1日更新  テレビCM 近年増加している未成年に多い起立性調節障害は、自律神経の乱れが原因と考えます。 
2021年 10月 1日更新  テレビCM 近年の研究機関では、めまいや耳鳴り、難聴は耳の内部にリンパ液が溜まることが原因といわれています。
2021年 8月 1日更新  テレビCM 自律神経の乱れは消化器・血管系・内分泌腺・生殖器・26・27などの機能低下を引き起こすといわれています。 
2021年 6月 18日更新  患者様の声 河北新報「週刊オーレ」取材広告
2021年 6月 1日更新  テレビCM 自律神経の乱れは自己の思考を著しく低下させてしまします。 
2021年 5月 7日更新  患者様の声 河北新報「週刊オーレ」取材広告
2021年 4月 1日更新  テレビCM開始 自律神経の乱れは想像以上に辛いものなのです。 
2021年 3月 1日更新  テレビCM 悩んでばかりでは解決しません。最も重要なことは行動をおこすことなのです。
2020年 2月 5日更新  患者様の声 河北新報「週刊オーレ」取材広告
2021年 1月 2日更新  テレビCM 新たな年を迎えたことに感謝いたします。
2020年12月 4日更新  患者様の声 河北新報「週刊オーレ」取材広告
2020年11月 1日更新  テレビCM 苦しみ、悩む必要はありません!

10月5日・6・8・11・12・13・18・19・20・26・27
11月2日・3・8・9・10・15・16・17・23・24・30

 テレビCM part1   part2
 仙台情報誌 「りらく」 取材
河北新報「週刊オーレ取材」教えて先生 
1


2